HOME > 製品情報 > 圧力計 > 隔膜式圧力計 > C式・D式隔膜式圧力計

C式・D式隔膜式圧力計


  

概要

 

受圧面(ダイヤフラム)とブルドン管の間に特殊液を圧力伝達媒体として封入した圧力計です。ダイヤフラムを用途に合わせ選択できるため、腐食性の強い測定流体や高粘度の測定流体等の計測に適しています。 

 

特徴

  • ダイヤフラム材質にはステンレス、チタン、ハステロイ等特殊耐蝕材料が使用出来ます。
受圧部と指示計との間をリードで接続し、遠隔測定が出来る仕様も選択できます。
  • 零点調整指針を標準装備しておりますので、温度その他誤差の補正が容易に出来ます。
841B式と比較してより小型のフランジが取り付け可能です。
  仕様について PDF
  詳しいスペック情報が閲覧できます。
 
C式・D式隔膜式圧力計
 
Model 841C

お問い合わせはこちらから

  • TEL:06-6362-7531
  • メールからのお問い合わせ