HOME > JCSS校正サービス

JCSS校正サービス

JCSSとは

JCSSは計量法校正事業者登録制度(Japan Calibration Service System)の略称であり、計量法第8章の規定により、計量のトレーサビリティ確保のため設立された制度です。計量器を校正する事業所の技術能力やトレーサビリティが、校正機関認定の国際規格であるISO/IEC 17025(JIS Q 17025)の基準を満たしていることを、認定機関である独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センター(略称IAJapan)が審査・認定する仕組みです。

 

当社校正事業部はJCSS校正事業者として登録されています。

圧力計器類のJCSS校正サービスのご案内   圧力計器類のJCSS校正サービスのご案内    JCSS.jpg

 JCSS標章付校正証明書とは

JCSS校正事業者の発行するJCSS標章付校正証明書は、その校正結果が国家計量標準へとつながっていることを、公に証明しているものです。JCSS標章付校正証明書があれば、さらに上位の国際又は国家計量標準へとトレーサビリティをさかのぼって調べる必要はありません。法定計量、QMS認証、製造業者独自の校正証明書は、技術能力の確保や、トレーサビリティの確保に必要な不確かさの推定がされていない自己宣言による校正証明書です。このような校正証明書と違い、さらに確かな「計量のトレーサビリティのしるし」、それがJCSS標章付校正証明書です。

トレーサビリティ体系

ISO品質マネジメントシステムの規格では、校正による計測器の監視・維持管理が要求され、国家計量標準とのトレーサビリティも必要とされています。当社校正事業部の圧力標準器は国家標準である独立行政法人産業技術総合研究所から外部校正機関を通じた比較の連鎖により、国家標準とのつながりを維持することで、お客様の校正依頼品のトレーサビリティを確保しています。

お問い合わせはこちらから

  • TEL:06-6362-7531
  • メールからのお問い合わせ
>ピックアップ一覧 
 
   
 
KDS30  
デジタル圧力計(KDM30)
 
本計器は、圧力センサと内蔵アンプとで、圧力をデジタル表示するデジタル圧力計です。
展示会のお知らせ
 
在庫表